シェアハウスの種類

全国的に、シェアハウスの数が増えてきています。数年前には、まだ珍しい存在だったシェアハウス。それが、あっという間にシェアハウスだらけになってきたのには、ニーズがあるからという理由があります。シェアハウスといえば、集団生活のイメージですが、シェアハウスの種類によっても暮らし方が大きく異なるのをご存じでしょうか。大きく分ければ、シェアハウスの種類は、大型シェアハウスとアットホームな小型のシェアハウスの2つ。これまではアットホームな小型のシェアハウスが主流でしたが、最近では数十人や数百人規模の大型シェアハウスも続々と増えてきています。

大型シェアハウスは、使用していない企業の寮などを借り切って、シェアハウスとしてリノベーションしているタイプ。たくさんの人数が入居できるだけあって、にぎやかそうなイメージです。ところが実際には、小型のシェアハウスよりも、アットホームに過ぎないというメリットを感じている人も多い模様。大型の寮と小型の寮とでは運営の仕方が異なりますから、そのあたりに違いの秘密がありそうです。大型シェアハウスのメリットを知るためには、まず小型シェアハウスとの違いを比べてみることも必要です。