シェアハウスのルール

大型シェアハウスのメリットの1つは、シェアハウスのルールに関係しています。シェアハウスは1つの物件を共同で住まう形態ですから、居住する人達に共通のルールが必要です。ルールがなければ、入居者それぞれが好き勝手に暮らすことにより、家の中全体が乱れてきます。家族にも暗黙のルールがあるように、シェアハウスにも暮らす上でのルールを守る必要があるのです。

シェアハウスの基本ルールに、清掃の問題があります。小型のシェアハウスの場合、居住している人同士が気を付けて、こまめに掃除することが求められる場合もあります。その点、大型のシェアハウスでは、共有スペースについては管理人がいるケースがほとんど。居住する誰かしらが共有スペースを掃除しなければならず、損をするということはありません。

大型シェアハウスの場合、常駐しているかいないかはシェアハウスによっても異なりますが、管理人に暮らしにまつわる相談をすることができます。細かな要望を訴えたり、すぐに共有スペースを掃除してほしいなども、管理人がいるからこそ出来ること。役割分担がきちんとできていることで、スムーズでスマートな暮らし方を追求できるのです。余計なことに振り回されずに済むのは、大型シェアハウスのメリットです。